パソコン・インターネット

2017年7月27日 (木)

リアルなプラレス大会開催

1982年に連載が開始され、後の作品にも影響を与えた「プラレス3四郎」。この作品で登場する競技「プラレス」が実際に開始されるそうです。
#元記事はこちら

これは「プラレス3四郎」の発表35周年を記念してもので、来たる8/19(土)に神奈川県川崎市にある「サンピアンかわさき」で開催されるそうです。
この「プラレス」、どういったものかというと、マイコンを搭載した全身可動のフィギュアを「プラレスラー」として闘わせるもの。勝負の場はプロレスのようなリングとなります。

今大会では出場において以下のような「参加資格」を設け、いずれかを満たせば参加できるようにしていたようです。その参加資格は

  1. コミック版『プラレス3四郎』に登場したプラレスラーであること
  2. プラレスラーとして成立するオリジナルレスラーロボットであること

条件1の「コミック版」に縛っているのがミソですね。まあ、アニメ版よりバラエティに富んでいますからね。それに、コミックの発表35周年を祝ってのことですし。なお、エントリーはすでに終了しており、全部で15体のプラレスラーが参戦するそうです。
競技ルールとしては、3分3ラウンド1本勝負のトーナメント戦となっており、5秒以内の反則技は認められているが、凶器をレフェリーが発見した場合は回収されるようになるとのこと。また、試合中のバッテリー交換は禁止となっているそうです。

続きを読む "リアルなプラレス大会開催"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

Adobe、Flashの提供を2020年に打ち切り

AdobeのFlashと言えば、古くから動画配信やブラウザゲームと言った、「動きのあるWebコンテンツ」の提供に使われている技術ですが、AdobeはこのFlashの提供を2020年に打ち切ることを発表しました。
#元記事はこちら

この発表に合わせて、主要なWebブラウザを提供しているGoogle、Mozilla、Apple、MicrosoftやFlashでゲームを提供しているFacebookもFlashからの移行と段階的なサポート終了を発表しました。

ようやくはっきりとしたエンドが提示されましたね。前々からAdobeもFlashのサポートに対して消極的になっていましたし、セキュリティやパフォーマンスに大きな問題を抱えているために各WebブラウザもFlashの利用に制限をかけてきていましたからね。
今後、AdobeはWebブラウザ開発各社と協力して、HTML5等の代替手段への移行を進めていくそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

「Windows 10 Fall Creators Update」で廃止・非推奨となる機能

この秋に予定されている、Windows 10の大型アップデートである「Fall Creators Update」ですが、このアップデートにおいて、廃止・非推奨となる機能が発表されました。
#元記事はこちら

今後、予定が変更される可能性もありますが、現在のところ、下記の機能が廃止・非推奨となるようです。

廃止となる機能

  • 「3D Builder」アプリ
  • Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)
  • 「リーダー」および「Windows リーディングリスト」アプリ

「3D Builder」は3Dグラフィックを作成するアプリ。これはデフォルトではインストールされなくなるそうです。代わりに、先のCreators Updateで追加された「ペイント3D」を使用することが推奨されます。なお、「3D Builder」アプリはWindowsストアから別途インストールすることができるので、使用はできるとのこと。
脆弱性緩和ツールである「EMET」は利用がブロックされるようになるそうです。代わりに、Fall Creators Updateで追加予定の「Exploit Guard」を使用することが推奨されるようです。
PDF/XPS/TIFFファイルを閲覧する「リーダー」と気になった記事をストックして“あとで読む”ためのアプリである「リーディングリスト」は、Windows 10から搭載されているブラウザ「Microsoft Edge」に同等の機能が搭載されているため、そちらを使用することが推奨されるそうです。
「3D Builder」以外は完全に使えなくなるようですね。

続きを読む "「Windows 10 Fall Creators Update」で廃止・非推奨となる機能"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

機能追加ができるNAS、アイ・オー・データの「HDL-AA」

皆さんは大量のデータをどのように管理していますか?パソコンのハードディスク、スマートフォンや携帯電話だと内部ストレージかSDカードになりますかね。しかし、そこが一杯になったらどうします?パソコンはまだしも、スマートフォンや携帯電話は気が付けばいっぱいになってるなんてことになったりしてませんか。パソコンの場合は外付けのハードディスクを繋いでそこに退避するということもできますが、スマートフォンでもパソコン上のデータを利用したい時もありますよね。でも、その場合はパソコンの電源が入っていなければスマートフォンと共有することができません。
そこで、そのようなデータの共有に便利なものがNAS(Network Attached Storage)です。NAS製品も沢山の種類の製品が出ていますが、その中でもちょっと変わった特徴を持ったNAS製品を紹介します。それがアイ・オー・データから出ている「HDL-AA」シリーズ。

NASの最大の目的はネットワーク上のパソコンやスマートフォン等とファイルを共有することにあります。なので、ファイル共有はもちろんのことですが、このNAS製品は様々な機能を後から追加することができるのです。これにより、クラウドストレージ連携、メディアサーバー、外出先からNASへリモート接続する機能などを追加することにより、より使い勝手のあるNASへと替えることができるのです。
また、メディアサーバー機能も従来のDLNAだけではなく、デジタル放送番組の録画データをテレビやレコーダーとやり取りできるDTCP-IPを利用することができるようになります。この7月末には製品ラインナップに4TBモデル、6TBモデルも追加されるので、大量のデータを集中管理することができます。

NASを使って、一歩進んだファイル管理をしてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

アイドルフェスティバル サンシャインスターズ

4月のリリース以降、DMMのオンライン・ブラウザ・ゲーム「アイドルフェスティバル サンシャインスターズ」をプレイしているのですが、プレイしてみると「色んなグラビア・アイドルがいるんだなぁ」と思ってしまう。ピンキリというとアレだが、岸明日香や鈴木ふみ奈、忍野さらと言った、結構名の通ったグラビア・アイドルから白幡いちほ、先斗ぺろ、蝶城彩桜(これで、「ちょうじょうせいら」と読むらしい)と言った、グラビア・アイドルが登場するんですね。
ゲームの内容はというと、アイドル達をカードに見立てて集めて、ここのアイドルを育成するというもの。育成の中にはアイテムや他のアイドルのカードを使用して「レッスン」と称して育て上げたり、同一のカードを使用して「進化特訓」と所謂「進化」させたりします。さらには「スカウト」と称したストーリーモードで登場するキャラクターとバトル(ゲーム中では「コンテスト」と称している)したり、他のプレイヤーのカードと対決するバトルライブで対決したりすることで、アイドル達を育成する流れになっています。

リリース直後は色々とトラブルが有りましたが、今はまあ安定してるかな。でも、ところどころバグが有ったりしますね。私も幾つか発見してコミュニティを通して報告してたりしています(私は幸い、致命的なバグには遭遇したことはないですが)。
基本無料のゲームなので、グラビア・アイドルに興味がある方は遊んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む "アイドルフェスティバル サンシャインスターズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

Microsoft、UbuntuなどLinuxディストリビューションを「ストア」配信へ

米Microsoftは10日にMicrosoftストアでLinuxディストリビューションの1つである「Ubuntu」をリリースしました。現在のところ、「Windows Insider Preview」のBuild 16215以降の環境で、無償で導入することが可能となっており、秋にリリースされる「Windows 10 Fall Creators Update」で正式にサポートされる予定。
#元記事はこちら

Windows 10では「bash on Ubuntu on Windows」の形ですでに利用可能ですが、導入までに幾つかのステップを踏む必要があります。今回、Microsoftストアからの導入という新たなパスによって、その負担をいくらか軽減することができます。
また、今回の「Ubuntu」の他にも、「SUSE」や「Fedora」と言ったディストリビューションもリリース予定で、またそれぞれの環境を共存させることも可能となるそうです。この時、それぞれのLinux環境は独立して動作するので、同時に起動させることも可能になるとのこと。
なお、ストアからインストールする際は、あらかじめ「Windows の機能の有効化または無効化」から“Windows Subsystem for Linux(WSL)”を有効化しておく必要があります。そして、再起動後にストアからインストールするという手順を踏む必要があります。また、今回ストアから配布される「Ubuntu」は従来からのUbuntu」(レガシーディストリビューション。多分、「bash on Ubuntu on Windows」のこと)と同じシステムで同居させることもできるそうです。

続きを読む "Microsoft、UbuntuなどLinuxディストリビューションを「ストア」配信へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

Windows 10 Creators Update

だいぶ前からインストールできる準備はできていたのですが、いつまでたってもインストールされる気配がなかったので、本日手動インストールをしました。

公開されてからだいぶ経っていますので、すでにアップデートされている方もかなりいらっしゃるかと思います。アップデートの流れ自体はそれほど難しくはなく、「設定」→「Windows Update」に現れていたリンクから「Windows 10更新アシスタントツール」をダウンロードするページからツールをダウンロード。ツールを動かしてCreators Updateをダウンロード&インストールとなります。インストール自体は負荷をかけるほどのものではないので、PCで並行して作業することができます。
インストールが終わったところで、PCを再起動。この再起動でファイルの入れ替え等、本格的にアップグレードします。で、このアップグレードが完了するのに90分ほど。再起動が終わるとCortanaの設定など細かな設定をしてアップグレードが完了します。

大きなトラブルもなく、無事アップグレードができました。トラブルではないですが、本体のアップグレード後、ディスプレイドライバをマイクロソフトの標準ドライバからGeForceのディスプレイドライバに替えたことぐらいでしょうか。

続きを読む "Windows 10 Creators Update"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

スマホの充電をしながらバックアップできるNAS、「Fotogenic」

アイ・オー・データ機器からスマートフォンの充電をしながら、そのスマートフォンの写真のバックアップを行うことができるNAS「Fotogenic」が7月下旬に発売されます。予価17,800円(税抜き)。
#元記事はこちら

この「Fotogenic」、USBケーブルでスマートフォンと接続することで、簡単な操作で写真や動画などのデータをバックアップできるほか、スマートフォンの充電(最大5V 1A)も同時に行うことができるという、ちょっと「変わった」製品。仕様としては、2.5インチ、1TBのHDDを備えた小型のNAS(大きさは約85×79×136mmで、重さは約380g)。
もちろんNAS(Network Attached Storage)なので、有線LANポートを備え、家庭内のネットワークに繋げば、ネットワーク内のパソコン、スマートフォン、ネットワーク対応のテレビやレコーダーともファイルの共有をすることができます。
また、本体上面にSDカードスロットが備えられており、デジタルカメラの画像データもバックアップすることが可能。USBケーブル経由、SDカード経由のどちらのケースでもバックアップが完了すれば、LEDが点滅することでユーザーに完了を知らせると言った機能も備えています。

スマートフォン用のアプリ「Fotogenic」を使用すれば、バックアップした写真の閲覧や管理が可能となります。アプリはAndroid、iOSに対応。アプリにはInstagramへのシェアボタンが用意され、Instagramアプリに簡単に写真を受け渡して、投稿することが可能。また、Instagramへの投稿に利用した写真には、投稿したことが分かるタグが付加されます。このほか、一般的なアプリ間の共有機能で写真をSNSアプリなどに受け渡すことも可能となっております。
写真はNASにバックアップされた日付で整理され、任意のタグ付けで独自の管理も可能。GPS情報が記録された写真は地図上で場所の確認もできるようになっています。

1TBという事で、NASとしては、PCのバックアップやレコーダーの録画データのバックアップには心許無いですが、スマートフォンのデータのバックアップがメインの用途になるんでしょうね(JPEG画像なら、それほど大きくなならないですし)。とは言っても、なかなか使える機材ではないでしょうか(特に、iPhone、iPadユーザーにとっては)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

NHK、「ネット受信料」の検討に乗り出す

NHK(日本放送協会)はネットでの番組配信に対して、新たな受信料を設ける方針を示しました。NHKでは、現在、テレビ放送をインターネットで同時に配信する「常時同時配信」を検討していますが、その際、テレビを持たずにスマートフォン(スマホ)などで番組を見る視聴者から、受信料を徴収する方針などを示しました。
#元記事はこちら

2月に立ち上げられたNHK受信料制度等検討委員会は「常時同時配信の負担のあり方」についての答申案をまとめ、これを受けてNHKは6/28から2週間の期間でパブリックコメントを募集。それを受けて7月末に検討委が意見をまとめ、その後、NHKとしての意見を決定する方針。
現在の案では、スマートフォンなどで番組を見られるようにした場合、受信料を徴収。具体的には視聴用のアプリのインストールや、視聴のためのID登録などを考えているようです。また、単にパソコンやスマートフォンを所持しているだけでは受信料は徴収しないとしています。さらに、テレビを所有し、すでに契約を結んでいる世帯については、2台目以上のテレビ設置と同じ扱いにし、追加徴収はしない方向で考えているようです。

前々から「ネット配信についても受信料を徴収する」という話は出ていましたが、ようやく具体的な案を固めて、提示した形になります。また、パブリックコメントを求めているところを見ると、やはり世間的な風当たりを考慮したというところでしょうか。

2017/06/28追記:
パブリックコメントの募集要項についてはこちらにまとめられています。ご意見のある方は奮って投稿しましょう。

続きを読む "NHK、「ネット受信料」の検討に乗り出す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

リラックマ、アニメ化で全世界配信

San-xの人気キャラクター「リラックマ」。老若男女を問わず、人気の高いキャラクターですが、来年、2018年には15周年を迎えるそうです。そんな「リラックマ」にホットなニュース。動画配信サービスのNetflixにおいて、初のコマ撮りアニメーションシリーズとして映像化し、全世界190カ国で同時配信することが決まりました。
#元記事はこちら

今回のアニメ化では全13話を予定(各話11分ほどのショートストーリーになるようです)。制作は世界でも有数なコマ撮りアニメーションの制作スタジオである「ドワーフ」(「どーもくん」も手がけてるんですね)。
「アニメ」とは言っても、平面の「絵」ではなく、フィギュアを用いた立体的なアニメになるようです。

日本のキャラクターが、日本のアニメーションスタジオで作品化されて、全世界に配信される(しかも同時配信)。これは待ち遠しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧