パソコン・インターネット

2017年12月18日 (月)

Microsoft、ExcelにPythonの導入を検討

Microsoftにおいて、デスクトップ版のExcelにPythonを導入しようという機運が高まっているらしいとのニュースが流れました(元記事はこちら)。
元々、2015年11月に「User Voice」に投稿されたユーザーから「Excelにスクリプト言語Pythonを統合する」というのがあったそうなのですが、この意見に対して、Microsoft側から「どのくらいのニーズがあるのかを知りたい」という返答が付き、アンケートページが開設されたというもの。

さて、ここに出てきたPythonについて、初めてこの名を聞く人のために簡単な解説を。
Pythonというのはスクリプト言語の一つで、Webのサーバーサイドアプリの開発や汎用的な定型業務を処理するのに利用されています。Googleが各種サービスの開発に用いたことから脚光を浴び始め、最近では機械学習の分野で最も活用されている言語です。
Excel(というか、Microsoft Office)にはVBA(Visual Basic for Application)というマクロ言語がありますが、どのような実装を検討しているのかが気になりますね。VBAと並行して利用できるようにするのか、VBAからリプレースを進めるのか、VBAと協調するように動作させるのかと考えてみると色々と面白いところがあります。
元記事の方では、「ビッグデータの分析とビジュアライズのニーズに応え、「Excel」にも近年さまざまな機能強化が図られています」との観点を挙げていますが、こうした統計学的アプローチには「R」の方が親和性があると思うんですよね。ただ、「今後増えてくる「Python」言語の資産の活用が容易になる」というのには同感できるところがあります。

まあ、何にせよ、ExcelにPythonが統合されれば、さらなる「進化」があることは間違いないでしょう。

続きを読む "Microsoft、ExcelにPythonの導入を検討"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

フィッシングメール

この年の瀬に入って、フィッシングメールがいつもより多く飛び交ってるようですね。私のところにも何通か飛んできましたが、いずれも、私が利用していないところを装ったものだったので、迷わずに迷惑メール設定にしています。
とは言え、中には「それなりの文章」を書いて、まことしやかに誘導したりするのでたちが悪いものです。で、簡単な見分けでウッカリと地雷を踏まないようにしましょう。

フィッシングメールの送り主は「自分のサイトに誘導する」のが目的ですので、ハイパーリンクが使えるHTMLメールで送ってきます。例えば、下の図のような感じです。

Fishing

これは@niftyのWebメール画面で開いたところです(Gmailでも基本は同じになるかと)。HTML表示にして、文面が表示されるようにしましたが、中ほどに「こちら」で示されたハイパーリンクの部分があります。ここにマウスカーソルを乗せてみましょう(乗せるだけですよ!クリックしちゃダメよ!)。すると、ブラウザの最下部にあるステータスバーにそのリンクが指し示す先のURLが表示されます。これと、差出人のメールアドレスのドメイン部分を見比べてみましょう。「ぜんぜん違うドメイン」になってますね(メールアドレスの方は「apple.com」となっているのに、文中のリンクのリンク先の方は「warnning-app1eid-cloudio.online」になってますね。このケースの場合、さらに小文字の「l」を数字の「1」にして紛らわしくしています)。明らかに「怪しい」です。フィッシングメールであることは明らかですね。
とまあ、こんな簡単なチェックでも見破ることが可能だったりします。
後、自分が使っているサービスからのメールの場合、差出人のアドレスを前もってチェックしておくのも「手」です。どうしても判断がつかないような場合は、ご自分が利用されているサービスのサイトに行って、カスタマーサポートに確認するようにしましょう。決して、届いたメールへの返信やリンクをクリックすると言ったことはしてはいけません。

今回はWebメールの画面での確認を例にしましたが、ThunderbirdやOutlookと言ったメーラーでも同様の確認をすることができます。メーラーの場合でも、リンクにカーソルを乗せれば、ステータスバーにリンク先のアドレスが表示されます。

十分注意してネットライフをお過ごしください。

続きを読む "フィッシングメール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

avex、マストドンへ参入

avexがマストドンへ参入したそうです(元記事はこちら)。ダンスに特化したインスタンス「DANCE-DANCE-DANCE.SPACE」を開設し、11/15から稼働しているそうです。
インスタンスの概要としては「ダンス好きな人が、自分の好きなダンス動画を共有したり、自分で踊ったダンスを投稿したりして、楽しむ」ことだそうです。

このインスタンスにはWebブラウザを通してのアクセスの他、iOS向けに専用のアプリが用意されています。通常、マストドンへアクセスする際には、他のSNSと同様、メールアドレスを使った登録が必要となりますが、このアプリを使うと、avexのマストドンのドメインでのメールアドレスとパスワードが新たに発行され、個人のメールアドレスを収集しないような仕組みになっているそうです。つまり、iOSユーザーは専用アプリを使うだけで簡単にavexのインスタンスへ参加ができるようになるわけですね。

今年に入って、にわかに人気が高まっているマストドンですが、こうした大手企業の参入がきっかけとなって、Twitter並に広まりますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

「SONAR」開発終了

かつてはローランド社製ハードウェア音源にバンドルされ、また単独でも販売されて数多くの人たちに音楽制作の楽しさを広めていたDTMソフト「SONAR」の開発終了が発表されました。
#元記事はこちら
「SONAR」シリーズを開発しているCakewalk社のソフトを販売するギブソンが発表したもの。ギブソンは今回の開発終了を

Philipsブランドにおけるコンシューマオーディオビジネスの成長に重点を置くという同グループの買収戦略に沿って決定した

としています。

昼にこのニュースを見た時は驚きましたね。「SONAR」と言えば、その歴史は古く、DTM(今だと、DAWの方がしっくりきますかね)ソフトの老舗とも言えるソフトでした。結構こなれたインターフェースを持ち、様々なアプローチで音楽を制作することができるという印象でしたね。

とは言え、このソフトも色々あったなぁ。開発自体はCakewalk社が一貫して行なっていたのですが、販売は色々な会社を渡って行われていました。まずはローランド。先述の通り、自社製のハードウェア音源とのバンドルに始まり、単体での販売もしていました。
しかし、2013年にギブソン(って、ギターメーカーだよね)に譲渡され、TASCAMブランドで販売されるようになりました。
そして、この度の開発終了で幕を下ろすことに。

まあ、どんなソフトも突如として開発が終わってしまうことがあるもんですよね。
(Lotus 1-2-3とか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

Twitter、「名前」の文字数を50文字に拡張

Twitterのネタが続きますが、この程Twitterでは、1投稿の文字数拡張の仕様変更に続いて、ユーザー名の文字数をこれまでの20文字から50文字へと拡張しました。
#元記事はこちら

ここでいう「名前」というのは、"@"で始まるユーザーIDのことではなく、投稿時やユーザーページで表示される個々の利用者を識別するための名称のこと(私の場合だと「あ~かいば」がそれになります)。
どういった経緯で今回の仕様変更がされたのかが不明ですが、これにより、法人の公式アカウントなどで組織名が長い場合でも対応できるようになります。それと、芸能人辺りはイベントやCDやDVDのリリースなどの告知でもより明確な説明が書けるようになるかと。
なお、今回の変更は日本でも適用されます(というか、既にされています)。

Twitterを使ってブランディングや宣伝をしている人にとっては、今回の仕様変更は、かなり有益なことではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

Twitter、文字数制限を280文字に拡張

以前この記事でお伝えしたTwitterの文字数制限緩和テストですが、無事テストも終わり、正式に制限文字数を280文字に拡張したそうです。
#元記事はこちら
ただし、テストと同様、日本語、中国語、韓国語圏ではこの仕様は適用されないとのこと。

英語圏においては、全投稿における9%が140文字という文字数制限に引っかかっていたとのことですが、9月に行っていた緩和テストの結果、制限文字数を280文字にしたところ、制限に引っかかってしまった投稿は全体の1%までに低下したそうです。
制限文字数が増えたことで、1投稿当たりの文字数が増え、タイムラインが見辛くなるのではという懸念もあったそうですが、蓋を開けてみれば、1投稿当たりの文字数はテスト実施前と殆ど変わらず、こうした心配は杞憂に終わったということです。その結果を踏まえて、今回の文字数制限拡張の実装に踏み切ったそうです。
ただし、先にも述べた通り、日本語、中国語、韓国語については、従来通りの140文字が制限となります。

ただ、表向きでの文字数制限は140文字なのですが、ちょっとトリッキーな仕様となっておりまして、昔の表現を使うならば、全角文字では1字とカウントするのですが、半角文字を使うと0.5字というカウントになるそうです。まさか、UNICODE全盛となったこのご時世に、全角/半角の概念が再び出るとは思いませんでしたね。

続きを読む "Twitter、文字数制限を280文字に拡張"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

Yahoo!ツールバー、サービス終了

ヤフーはInternet Explorer用ツールバーアドイン「Yahoo!ツールバー」のサービス提供を、本日、10/31に終了しました。
#元記事はこちら

「Yahoo!ツールバー」は、各種“Yahoo!”サービスへのアクセスを提供するWebブラウザー向けのツールバーアドインで、フィッシング警告や個人情報の送信をチェックするセキュリティ機能も備えていました。
しかし、2014年に「Google Chrome」版、2015年に「Firefox」版の提供を終了しており、今回の「Internet Explorer」版が最後まで残っていましたが、この提供終了をもって、すべてのブラウザから撤退することとなりました。
サービスの終了後は「Yahoo!ツールバー」の品質・動作保証が行われなくなるほか、セキュリティ機能のサポートも停止されるため、アンインストールが推奨されているそうです。なお、アンインストールは、「Yahoo!ツールバー」の鉛筆アイコンをクリックすると現れるメニューで[ツールバーを削除]コマンドを選択することで行われます。

そう言えば、ツールバーアドイン、ありましたね。この「Yahoo!ツールバー」の他、「Googleツールバー」もありますね。こちらはまだInternet Explorer向けに提供はしているようです。でも、Googleは独自のWebブラウザ「Google Chrome」を発表したことで、「Googleツールバー」にはあまり力を入れてないかも(Internet Explorer向け「Googleツールバー」のダウンロードサイトでも「Google Chrome」を勧めてますし)。
他にも「楽天ツールバー」など、いくつかありますが、使っている人っているのかな?私も「Googleツールバー」は使ったことありますが、あまり使わなかったですね。便利とも思わなかったですし。基本的に、ツールバーアドインはその提供元をサイトをポータルとして利用するための道具となるのがほとんどだと思うのですが、ポータルとしての利用をしたことがないんですよね。
(と言いながら、Googleは結構使ってるかな。と言うか、ゴチャゴチャしてるよりも、Googleのようにシンプルでスッキリとしていた方が私は好きですが)

まあ、これも一つの時代の終焉かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

開閉式の盗撮防止シール「SL-6H-3」

先日、この記事でノートPCのWebカメラに対してのセキュリティに関して話題にしました。意識はしているものの、対策は講じていないという人が多いこともあり、ちょっとした警鐘を鳴らしてみたのですが、いかがだったでしょうか。
さて、今回はそんなノートPCのWebカメラやスマートフォンのインカメラ(画面側にあるカメラですね)に対してのセキュリティガードとなるような商品が発売されました。それがサンワサプライから発売された「SL-6H-3」。
#元記事はこちら

この「SL-6H-3」、本体はプラスチック製で、裏面の両面テープで貼り付けることで、カメラを物理的にふさぐ仕組み。開閉式のふた開ければ必要なときにカメラを利用可能となっております(元記事に掲載されている写真を見るとどのようなものかがわかると思います)。蓋を開閉(90°回して開閉する)することで、カメラを有効無効(と言うか、目隠しするかしないかですが)にできるので、テープのように使いたい時は剥がして、使わない時は再び貼り直すという手間を省くことが出来ます。また、プラスチック製なので、テープに比べて透過性が低く、より安全と言えるでしょう(サンワサプライの商品紹介ページを見ても色は黒だけのようですね。無論、黒の方が透過性が無いので、これはこれでいいと思います)。

続きを読む "開閉式の盗撮防止シール「SL-6H-3」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

ノートPCのカメラ、どうしてます?

さて、昨今のノートPCには必ずと言っていいほどWebカメラが付いています。今回は、そのノートPCに付いているWebカメラの話。

インターネットセキュリティソフトの開発元であるAvastが、10/2~10/5に実施したオンライン調査の結果を発表しました。
#元記事はこちら

約65%がPCのウェブカメラによるのぞき見を懸念しているものの、実際に対策を講じている人はわずか39%という結果が出ました。
回答の内訳ですが、ウェブカメラをハッキングされ、生活などをのぞき見されることについては、「とても心配している」が24.54%、「やや心配している」が40.39%で、合わせて64.93%の人が懸念していることが示されました。しかし、一方、PCのウェブカメラをカバーなどで覆い隠したことがあるのは38.65%に留まったそうです。

一応、Webカメラがハッキングされて、ユーザーの生活を覗き見られる可能性があることを知っている人が半数以上はいるとのことなので、この問題も結構知られてきているのかなと。とは言え、対策を講じている人が4割弱というのが、ちょっと釈然としませんね。
Avast CTO兼エグゼクティブバイスプレジデントのOndrej Vlcek氏は、「プライバシーを気にする人にとってウェブカメラを隠すのは良い方法だが、PCのウェブカメラを頻繁に使用する人にとってはとても不便だ」と述べていますが、対策を講じたことの無い人は、Webカメラを常用してるんでしょうかね。確かに、Skypeなどの映像を用いたコミュニケーションツールを利用するにはWebカメラは必須ですが、それでも1日でのPCを使う時間の中で、ずっと使うということはないと思うんですよね。簡単な方法では、紙やテープなどで隠してしまうということもできるので、それほど不便というか面倒なことでもないと思うのですが。

まあ、この記事に関しては、Webカメラを通してプライベートを覗き見られる可能性もあるよということを、まず知っていただけたらなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

「Rails 5ブロンズ試験」発表

一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会は「Rails 5技術者認定ブロンズ試験」を実施すると発表しました。
#元記事はこちら

Rails 5技術者認定ブロンズ試験は、その名の通り、Ruby on Rails 5.0の基本知識を問うエントリークラスの試験。Ruby on Railsの専門知識の習得を評価することで、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることを目的としています。
本試験は、2018年春から全国のオデッセイ コミュニケーションズ認定試験会場(CBT)で実施予定で、受験料金は1万円(税別)。試験時間は1時間で、7割以上の正解を合格とするそうです。
また、本実施に先立って、ベータ試験を東京・茅場町のコワーキングスペース茅場町 Co-Edo(コエド)で11月12日に実施するそうです。

今ではWebアプリ開発の代表的なフレームワークの一つとなったRuby on Railsですが、バージョンを重ねて、最新版はRails5となっております。今回の試験の創設は、Rails5登場に合わせたものですね。まあ、基本的にはRails4とあまり差がないのではないかと思ったりします。
(多分、バージョンアップに合わせての更新的な感じでしょう)

まあ、Webアプリ開発を目指している方は勉強がてら、資格取得を目指してみるのもいいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧