文化・芸術

2022年6月 8日 (水)

サンワサプライ、オートフィルムスキャナ「400-SCN061」

サンワサプライは、最高7,200dpiでフィルムを自動でスキャンできるフィルムスキャナ「オートフィルムスキャナ 400-SCN061」を発売しました。
#元記事はこちら

パソコンに接続して使用するタイプのフィルムスキャナ。CCDセンサー搭載で、最大7,200dpiの48ビットスキャンに対応します。
使用にはパソコンに専用のソフト「QuickScan Plus」をインストールし、パソコンと本体をUSBケーブルで接続。対応OSはWindows 11/10/8.1/8/7、またはmacOS 12/11/10.12~10.15。
使い方は、パソコンと接続したら本体の電源をON。ネガまたはポジの35mmフィルムのストリップまたはマウントをセットしたフィルムホルダーを本体に挿入。ソフト側でフィルムの種類などを設定し、本体の「スキャン」ボタンを押してスキャンを開始します。スキャン速度の目安は、カラー/傷補正機能を有効にした場合、600dpiで約52秒。3,600dpiで約6分、最大の7,200dpiで約25分でスキャンが完了します。同時スキャン数はフィルムストリップで6枚、マウントフィルムなら4枚までが可能となっています。
画像のファイル保存形式は、JPEG/TIFF/PNG/Windows Bitmap(BMP)から選択可能。階調は、カラーの場合は48ビットまたは24ビット。グレーの場合は16ビットまたは8ビット。
取り込みソフトである「QuickScan Plus」では画像補正が行なえ、自動補正で色味を調整できるほか、「傷ゴミの除去」を有効にすれば、ゴミやほこり、傷の補正機能も使用可能となっています。

デジタルカメラが隆盛の今、フィルムで撮影する機会が昔と比べるとグンと減っていますが、昨今、にわかにフィルムによる撮影も人気が高まりだしています。一度は製造が止まったフィルムも、復刻販売されてきていますね(値段は昔に比べれば倍近くになっていますが)。昔撮ったものもそうですが、昨今、フィルムで撮影した写真をデジタル化する上でも、持っていても損はないかなと。
このスキャナ、かつてキャノンが出していたフィルムスキャナとほぼ同等の機能とパッケージングなので、写真関連ではないメーカーが出している製品としては、かなり本格的な部類に入るかと思います(値段も59,800円と、スキャナの中では高額な設定ですし)。ただ、スキャン開始がソフト側でできないのかが気になるかな。

| | | コメント (0)

2022年3月30日 (水)

F.S.S.カラーコレクション K.O.G.

ボークスは、塗料「F.S.S.カラーコレクション K.O.G.」の予約受付を4月2日の0時から開始します。受付期間は4月26日の23時59分まで。
#元記事はこちら

この商品は、トアミルが販売するラッカー系ホビー塗料「BORN PAINT」とのコラボ商品。ボークスが販売するプラモデル「K.O.G.」シリーズ専用カラーで、「ゴールド」と「カッパー」の2色が登場。各色とも660円。
ボークスのフィニッシャーによる彩色見本を再現するため、色合いや「輝き」を調整。難易度の高いメタリックカラーを混色、調色不要で、彩色見本と同じ色を塗ることができます。また、高い溶剤耐性を持ち、メッキ塗料が苦手としている「塗り重ね」や「クリアコート」にも対応しています。

「K.O.G.」ということで、「Knight of Gold」専用カラーですね。シリーズとあるので、「デスティニーミラージュ」(俗にナイト・オブ・ゴールドと呼ばれる騎体)、「パトラクシェミラージュ」は当然のことながら、「シュペルター」にも使えるということですかね。しかし、「K.O.G.」でカッパー(銅色)って、どこに使われてたっけ?「パトラクシェミラージュ」のマスクとかかな?
同じ永野護氏デザインということで、「機動戦士Ζガンダム」に出てきた「百式」にも使ってもいいかもしれませんね(やっぱりメッキ加工は違うんだよなぁ)。

| | | コメント (0)

2022年3月17日 (木)

「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」、6月に移転

秋葉原のツクモeX.パソコン館の隣にある「TAMASHII NATIONS TOKYO」。こちらが6月に移転して、店名も「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」と改めて再オープンするそうです。
#元記事はこちら

移転先となるのは、JR秋葉原駅前、かつて、「GUNDAM Café TOKYO BRAND CORE」があった場所。今回の移転により、店舗規模が3倍に拡大。様々なコンセプトのフィギュアや試作品の展示を行う他、ここでしか手に入らない限定商品の販売も予定しているそうです。
なお、現店舗の「TAMASHII NATIONS TOKYO」は、移転に伴い、5月29日に閉店となるそうです。

一度だけ「TAMASHII NATIONS TOKYO」には入ったことがあるのですが、結構コアな作品の展示をしていますよね。まあ、元々、秋葉原駅の電気街口から中央口への自由通路内でスペースを構えたところから始まっているのですが(この頃は展示しかありませんでしたが)、確かに、店舗規模はどんどん大きくなっていますね。

続きを読む "「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」、6月に移転"

| | | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

ガンプラ「旧モデル」が

Twitterの方に投稿したのですが、今日ヨドバシAkibaに行ったところ、ガンプラの「旧モデル」がドンと入荷して、積まれていました。

 

正直驚いた。まさかまだ金型が残っていて、作っていたとは。

しかも、不良在庫というわけでもないんですよね。今、プラモデル(と言うか、立体物全般かな)を出しているブランドが「BANDAI SPIRITS」になっていて、ロゴも従来のからスカイブルーに変わっているんですね。パッケージデザインを見ると、ちゃんとそれに変わっているんですね。つまり、まだ作っている(もしくは再販した)というわけですよ。
それ以外は、出した当時のデザインのままでして、「ベストメカコレクション」のシリーズ名まで残っていました。価格はさすがに当時のままというわけにはいかないのか、消費税の分を加味した価格から若干割り引いた価格になっていましたね(当時、1/144ガンダムのキットが300円だったのですが、販売価格が317円でした。消費税を加味すると330円になるので、その価格から割り引いてるのかなと)。ジオング以外は出た当時は300円のキットなので、みな317円だったのかな(他の価格は見なかったので)。

続きを読む "ガンプラ「旧モデル」が"

| | | コメント (0)

2021年5月17日 (月)

ハリーポッター施設「スタジオツアー東京」着工

ワーナー ブラザース スタジオツアーズとワーナー ブラザース ジャパンは、2023年前半にオープンを予定している「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京-メイキング・オブ ハリー・ポッター(スタジオツアー東京)」の起工式を5月13日に実施し、17日に正式に着工を発表しました。
#元記事はこちら

「スタジオツアー東京」は、昨年94年の歴史に幕を下ろした「としまえん」の跡地に建設されるテーマパーク。その名の通り、「ハリーポッター」の世界観をテーマとした施設で、来場者が歩いて回れる体験型エンターテイメント施設で、大きな映画撮影スタジオ型の建物や屋外に建てられた家のセットも用意。これらに加え、来場者や地域住民がくつろげる広場をスタジオツアーの正面入り口前に設置予定としています。
屋内スペースには映画「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」シリーズの印象的なシーンセットなど、“魔法ワールド”の世界観を展示。来場者は魔法の世界を楽しみながら、映画の舞台裏の秘密を学べるといった趣向も凝らすようです。

としまえん跡地は、このスタジオツアー東京と東京都が避難地域としても利用できる自然公園へと転用されます。一昨年の「としまえん」閉園の発表の折にも話には挙がっていましたが、ようやく着工と相成りました。
そういえば、プールは残るという話なんですよね。でもそうなると、どこが運営するんだろ?

| | | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

ギミック満載、アシェットの「マジンガーZ」

アシェット・コレクションズ・ジャパンは、日本の「スーパーロボットアニメの祖」とも言える「マジンガーZ」を、組み立てパーツを付属した雑誌「鉄の城 マジンガーZ 巨大メタル・ギミックモデルをつくる」を2月24日に創刊されます。
#元記事はこちら

メタルパーツを多用した、全高75cmのマジンガーZの大型フィギュアとなります。大きさもさることながら、数々の必殺技を再現したギミックも満載のモデルとなります。
両目、胸の放熱板、耳の角にLEDを使用した発光ギミックを仕込み、「光子力ビーム」、「ブレストファイヤー」、「冷凍光線」を再現。また、口の部分からはミストを噴射し、「ルストハリケーン」を再現しています。ジェットスクランダーも付属しており、こちらもジェットノズルに発光ギミックを仕込んでいます。
両腕を外し、エフェクトパーツを付けることで「ロケットパンチ」を表現しています。また、パーツの付け替えにより「アイアンカッター」も再現できます。
専用のスタンドも90cmと大きめで、整備中のマジンガーを再現することができます。

全部で100号刊行される予定。プレミアム購読を申し込むと、追加パーツが送られるようになっています。例えば、本誌だけで揃えると、マジンガーZのコックピットユニットである「パイルダー」が、初期の「ホバーパイルダー」になるのですが、プレミアム購読を申し込むと、後期の「ジェットパイルダー」が送られます。スケールもマジンガーZに合わせられているので、ホバーパイルダーと交換して載せることができるかもしれません。
これはコレクターズアイテムとしては、かなり凝ったものではないでしょうか。なお、モデルスケールとしては1/24スケールとなりますので、同スケールのプラモデルやフィギュアと組み合わせてディオラマを作ったりすることができますかね。

| | | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

コミケ、今年は無開催

コミックマーケット準備会は、7/12に冬のコミックマーケットである「コミックマーケット99」の開催延期を発表しました。
#コミックマーケット準備会のニュースリリース

コミックマーケット99の開催は2021年のゴールデンウィークを目標にしているそうです。
冬の開催を延期とした理由ですが、まず一つは開催場所である東京ビックサイトの「対応指針」によるもの。これにより、開催について大きな制限が付いたようです。そして二つ目は東京オリンピックの開催延期。これまたコロナウィルスの影響で、東京オリンピックは約1年の延期を発表しました。しかし、これにより、国際放送センター・メディアプレスセンターの設置された東京ビッグサイト東展示棟は、2020年冬に使用することができなくなってしまったそうです。コミックマーケットは「東京ビックサイトを全館使用した上で、3日間の開催」を前提にしているそうで、使用できなくなった東展示棟の分を日程で調整するにしても、年末開催である冬コミケにおいてはそれは現実的な解ではないと結論付けたそうです。そのため、年内の開催を断念という結果に結びついたようです。
今年は、元々はオリンピックイヤーだったということもあり、開催はかなり変則的になっていました。そのため、夏のコミケはゴールデンウィークでの開催を予定していたんですよね。しかし、コロナウィルスの影響で今年のゴールデンウィークは緊急事態宣言下にあったため、開催を断念。出品予定者やファンを含めた関係者としては、冬の開催に一縷の望みを託していたでしょうね。

来年に開催を延期することを決めましたが、コロナウィルスの状況が好転しないことには何とも言えないですね。

続きを読む "コミケ、今年は無開催"

| | | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

「アドビシステムズ」から「アドビ」へ

PhotoshopやIllustrator、Acrobatで有名な「アドビシステムズ」が、昨日、6月18日に社名を「アドビ」へ変更しました。
#元記事はこちら

今回の社名変更について、

製品の提供形態を、永続型のライセンスモデルからクラウドベースのサブスクリプションに移行した。それに伴い、ソフトウェア以外のソリューションも提供するようになったため『システムズ』という言葉が適当でなくなった。

としています。なお、米国法人は2018年に「Adobe Systems」から「Adobe」に一足早く変更しています。

まあ、これまでも「アドビ」で通っていましたしね、短くなる分にはいいんじゃないんですかね。ただ、ソフトウェア以外のソリューションを提供するようになったから「システムズ」という言葉を外したというのは、変な理由ですね。「システム」自体はソフトウェアだけを指す言葉ではないですし。むしろ、ソフトウェア以外のソリューションを扱うようになったのならば、「システムズ」は「名は体を表す」になると思うんですけどね。まあ、先に社名変更をした米国法人に倣ったって事でしょうかね。

| | | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

富士フィルム、白黒フィルムを今秋に発売

今や写真と言えば、デジタルデータのものが主流でありますが、チェキやフィルムによる写真も根強く支持されています。そんな中、富士フィルムは、この秋に、新たな白黒フィルムを発売します。それが「ネオパン100 ACROS II」。
#元記事はこちら

発売されるサイズは35mmとブローニーサイズで感度はISO 100。
富士フィルムでは、2018年の秋に、需要減少と原材料の入手困難を理由に、白黒フィルムの販売を終了していましたが、愛好家やSNS世代の若年層を中心に販売継続を求める声が多く寄せられたことを受けて、再開のための検討を進めてきたそうです。そこで、入手困難となった原材料の代替品を探すことから始め、新たな原材料に合わせた製造プロセスの見直しによりアクロス IIを開発。従来品の「ネオパン 100 ACROS」に比べてハイライト部の階調をメリハリのある設計とし、立体的な階調再現としました。

ユーザーからの熱い要望で、まさかの再販、よりグレードをアップしての新発売となりました。フィルム写真については、古くからの愛好家はもちろんのこと、SNSでデジタルから始めた若年層にも人気が広まりつつあり、今でも一定量の供給はされているのですが、白黒フィルムについては、先述の通り、販売が終了していました。しかし、そうした人たちからの熱い要望で、新たに研究し、発売される運びとなりました。こうした形で復活するというのはいいものですね。
白黒フィルム、基本的に低感度のフィルムなのですが、それだけに肌目の細かい描写をしてくれますので、独特の味わいがあって、好んで使う人もいらっしゃいますよね。また、フィルムなので、気に入った写真は大きく引き伸ばすこともできますし。
フィルム写真に興味があって、白黒写真を撮ったことがない人は、一度は試してみるのもいいと思います。

| | | コメント (0)

2018年10月29日 (月)

北海道復興のためのフォトコンテスト

写真共有サイトである「PASHADELIC(パシャデリック)」は同社が開催する写真コンテスト「写真の力で北海道を応援したい!!フォトコンテスト」で、過日発生した「平成30年北海道胆振東部地震」で最も被害の大きかった厚真町の復興支援をするそうです。
#コンテスト概要はこちら

テーマは「北海道で取られた風景写真」。一人一枚の応募になります。募集はすでに始まっており、2018年11月15日の23時59分まで受け付けております。
参加規定ですが、まずは「PASHADELIC」の会員であることが必須となっておりますので、まだ会員になられていない方は会員登録をする必要があります。
そして参加資格ですが、18歳以上の方なら、性別、国籍、居住地に関係なく応募することができます。もちろん、プロ、アマも問いません。
使用する機材についてですが、機材には制限がありません。スマホでもいいですし、カメラ(一眼でもいいですし、コンパクトカメラでもいいです)ももちろんいいです。トイカメラもOK。トイカメラがOKなので、チェキとかフィルムで撮影して紙焼きしたものでも大丈夫かもしれません。

応募された写真ですが、それらの写真をすべて使用して復興のための写真集を作るそうです。その中で優秀賞を受賞した作品(10作品)は1ページまるまる使用した写真集への掲載と、別途作成されるポストカードへの採用となります。入選作品(20作品)も写真集への1ページ掲載となります(こちらはポストカードにはなりません)。

続きを読む "北海道復興のためのフォトコンテスト"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧