旅行・地域

2022年6月14日 (火)

日本最後の「アンナミラーズ」閉店

品川駅の高輪口前にある、日本最後の「アンナミラーズ」である「アンナミラーズ高輪店」が2022年8月31日に閉店することが発表されました。
#元記事はこちら

「アンナミラーズ」は1973年に青山店を第1号店として出店。アメリカ料理とホームメイドパイを提供するレストランチェーンとして、自由が丘、目黒、吉祥寺、下北沢などで、延べ25店舗を展開していました。今回閉店する「高輪店」は、1983年に11店舗目として、品川駅前の京急ショッピングセンター「ウィング高輪」の2階に開店。40年の長きに渡り、「アンナミラーズ」ブランドを世に広めるのに大きく貢献したとされています。
今回の閉店は、品川駅西口基盤整備事業の一環であり、「アンナミラーズ」のみならず、移転対象の店舗と共に退去に同意。それに伴う閉店となります。「アンナミラーズ」としては、「高輪店」と同等の収益が見込める場所を検討中とのこと。

「アンナミラーズ」は一時期ブームになりましたが、やはり「あの制服」がその名を広める一助になっていたでしょう。コスプレ衣装としても作られ、アニメーションでもモチーフにした制服が出たりもしましたね。
なお閉店後も、取り扱っているメニューについてはEC事業での販売も考えられているそうです。

| | | コメント (0)

2022年3月 4日 (金)

秋葉原中央通り、角田本館ビル跡地は…

秋葉原のメインストリート、中央通り沿いで大々的に進んでいる「角田本館ビル」の解体工事、こちらは終盤にかかっているらしく、大部分の解体が終わっているようです。
#元記事はこちら

角田本館ビルは1階、2階利用していたソフマップを始め、フレッシュ撮影会などが入っていた大型のビル。老朽化に伴う改築で現在解体作業が行われております。しかし、元記事の写真を見ると、かなり歪な形でビルが入っていたことが伺えますね。増築もあったのでしょうが、本当に変な形です。また、他の老朽化したビルも一緒に解体している感じですかね。
また、この一角でポツンと残っている田中無線電機ビル。こちらも入っていたテナントが「ビルの改築」を理由に閉店をしているそうです。1階にあった「G-Tune:Garage秋葉原店」が2月20日に閉店。地下で営業している「麵屋はるや秋葉原店」も3月17日に閉店するそうです。閉店理由が「ビルの改築」と出されているので、このビルも解体されるのでしょうね。
広大な一角が解体で一掃されていますが、「麵屋武一」の入っているビルや「スパゲッティのポンチョ」が入っているビルはまだ残ってるんですよね。ここはそのまま残るのかな?また新たにビルが建つときは一つに集約されたビルになるんですかね?この一帯の変化はこれからも目が離せませんね。

| | | コメント (0)

2022年2月28日 (月)

帰ってきたマクドナルド昭和通り店、2022年4月オープン

JR秋葉原駅の昭和通り口近くのビルに、マクドナルド秋葉原昭和通り店が4月上旬(4/6頃)にオープン予定だそうです。
#元記事はこちら

マクドナルド秋葉原昭和通り店は、秋葉原駅昭和通り口を出て、昭和通り沿いに右の方で建設中のビルの中に入ります。元々、マクドナルド秋葉原昭和通り店は建設前のビルの中に入っていたのですが、ビルの老朽化に伴う建て直しのために、2020年1月に閉店しました。そしてこの度、同場所に立てられているビルの完成に伴い、再度入店するといった格好になります。
前のビルでは地下1階と地上1階の2フロアを使用していましたが、今回の出店では、元記事の写真を見ると、地上2階から4階(もしかすると5階も?)を使用するようですね。1フロア当たりの面積がわからないので何とも言えないところがありますが、結構大きな店舗になるのかな?

さて、同昭和通り沿いに並ぶバーガーキングは「帰ってきたライバル店」にどう対応しますかね。

| | | コメント (0)

2022年1月29日 (土)

横浜の「動くガンダム」、展示期間を1年延長

神奈川県は横浜市にある「GUNDAM FACTORY YOKHAMA」は、今年3月までの予定だった「動くガンダム」の展示期間を1年延長し、2023年3月31日まで展示することを発表しました。
#元記事はこちら

新型コロナ感染予防対策で緊急事態宣言が出されたりと、昨今の情勢で訪れられない中、国内外の多くの人達からの熱い要望を受け、横浜市を始めとした関係各所の同意を得て、期間の延長を決定したそうです。
期間延長にあたり、今年の5月中旬から7月中旬にかけて、メンテナンスを含めた休業期間を設け、7月中旬から再開する予定だそうです。
またこれに合わせ、2月23日から横浜駅東口から横浜ハンマーヘッドや横浜赤レンガ倉庫、元町、中華街などベイエリアの観光施設と山下ふ頭を結ぶ連節バス「BAYSIDE BLUE」と、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」がコラボした特別デザインのラッピングバスが運行開始。今回の延長に花を添える形となりますかね。

何はともあれ、展示期間の延長は喜ばしいことですね(ガンダムカフェも営業終了しますし)。元々予約が必要なのですが、新型コロナの影響で、行くに行けない事情もあった方もいらっしゃると思います。まだ予断を許さないコロナの情勢ですが、この期間延長を機に見に行くことができるといいですね。

| | | コメント (0)

2022年1月 6日 (木)

東京、雪

寒い日が日々続きますが、本日、東京も大雪となりました。

全日の予報では、午後から雨か雪が降るとなっていたのですが、お昼前から小雪がちらつきはじめまして、午後になって本降りとなりました。それから降り続き、車通りの少ないところではそこそこに積もりましたね。
東京で積もるほどの雪が降ったのは久し振りじゃないですかね。大雪警報も4年振りだったそうですし。Twitterを見ると、大雪で交通機関の乱れを見越して、帰宅命令が出てたりしてましたね。

夜になって雪は止みましたので、明日は朝から通常通りになるのではないでしょうかね。

| | | コメント (0)

2021年12月13日 (月)

ラッキー公園 in なみえまち

2021年12月12日、福島県浪江町に「ラッキー公園 in 浪江町」が開園しました。
#元記事はこちら

「ラッキー公園」はポケモンの「ラッキー」をモチーフにした公園。公園内の遊具に「ラッキー」を中心に、色々なポケモンがモチーフにされています。また、ポケモンをモチーフにした公園は全国初だそうです。
遊具の他にもポケモンに関連する仕掛けとして、「Pokemon GO」と連動し、「ポケストップ」の設置や野生の「ラッキー」に遭遇しやすくなるというサプライズも用意されています。
2022年春以降には郡山市、柳津町、昭和村にも公園が開園されるそうです。

ちなみになぜ「ラッキー」なのかですが、2019年にポケモン社と福島県とで連携協定を締結しておりまして、「ラッキー」が「ふくしま応援ポケモン」として選ばれたからです。
「ラッキー」に限らず、ポケモン好きの方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

| | | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

ガンプラ「旧モデル」が

Twitterの方に投稿したのですが、今日ヨドバシAkibaに行ったところ、ガンプラの「旧モデル」がドンと入荷して、積まれていました。

 

正直驚いた。まさかまだ金型が残っていて、作っていたとは。

しかも、不良在庫というわけでもないんですよね。今、プラモデル(と言うか、立体物全般かな)を出しているブランドが「BANDAI SPIRITS」になっていて、ロゴも従来のからスカイブルーに変わっているんですね。パッケージデザインを見ると、ちゃんとそれに変わっているんですね。つまり、まだ作っている(もしくは再販した)というわけですよ。
それ以外は、出した当時のデザインのままでして、「ベストメカコレクション」のシリーズ名まで残っていました。価格はさすがに当時のままというわけにはいかないのか、消費税の分を加味した価格から若干割り引いた価格になっていましたね(当時、1/144ガンダムのキットが300円だったのですが、販売価格が317円でした。消費税を加味すると330円になるので、その価格から割り引いてるのかなと)。ジオング以外は出た当時は300円のキットなので、みな317円だったのかな(他の価格は見なかったので)。

続きを読む "ガンプラ「旧モデル」が"

| | | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

駅に「刺股」と「防護盾」

名古屋鉄道は、利用客が安心して鉄道を利用できるようにと、名古屋駅と金山駅に「刺股」と「防護盾」を設置することを発表しました。
#元記事はこちら

「刺股」はロック式(1710mm)と足払い付き(1815mm)の2種類、「防護盾」はポリカーボネート製の830×490(mm)のものを配備します。
それぞれの防具は駅係員が使用することを想定、2021年12月1日に配備される予定。配備に先駆け、愛知県警察鉄道警察隊と愛知県熱田警察署の協力のもと、係員を対象とした使用方法の訓練を実施、今後は配備箇所の拡大を検討するそうです。

ここ最近、駅構内、列車内での暴行事件が多発しており、今回の防具の配備はこうした状況を憂慮した上でのことでしょう。名古屋鉄道の駅係員さんにはこれまでにない危険が降りかかることから、警察との連携が望ましいところだと思いますが、通り魔的に発生する事件ですので、このようにするしかないのでしょうね。利用客もさることながら、駅係員さんも無事に過ごせる日々が戻ってきてほしいですね。

| | | コメント (0)

2021年10月15日 (金)

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」、11/3は入場無料

「動くガンダム」で知られる「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は、11月3日を「サステナブルデー」として入場料を無料とすることを発表しました。またリサイクル材を使用したガンプラも無料配布をするとのこと。
#元記事はこちら

当日、会場では先着7200人に「エコプラ 1/144 RX-78-2 ガンダム組立体験会Ver.」を無料配布します。また、施設内に「プラモデルづくり体験スペース」やランナーを回収するボックスを設置。来場者が自宅から持ってきたランナーも回収します。
当日はグッズ販売やカフェメニューも一部に限定し、動くガンダムの仕組みなどを展示している「ACADEMY」は休止。通常の入場者特典「1/200 RX-78F00 ガンダム」は配布しない。動くガンダムを間近で見られる「GUNDAM-DOCK TOWER」は有料となります。
なお、来場には事前予約が必要。来場希望者は20日の午前10時以降にスマートフォンやPCから公式サイトのチケット販売ページで時間予約を行う必要があります。

まさかの「入場無料デー」です。やはり「動くガンダム」を見ることができるのが魅力ですね。これを機に見に行こうかな。
(時間が取れれば、それに関わらず見に行こうと思ってはいるのですが)

| | | コメント (0)

2021年8月26日 (木)

10月から新幹線「のぞみ」がテレワーク環境

JR東海は東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の「のぞみ」の7号車を、テレワークが可能な車両「S Work車両」として10月から提供することを本日、8/26に発表しました。
#元記事はこちら

PCやモバイル端末で仕事でき、Web会議や通話なども周囲の乗客に配慮した上で行えるものとしています。運行期間は2022年3月末まで(後にも書きますが、おそらく試験期間)。利用するにはネット予約が必要で、乗車の1カ月前から予約できます(通常の旅券と同じですね)。
「ビジネスという同じ目的でご利用になるお客様同士、気兼ねなく仕事を進めていただくこと」(JR東海)を想定した車両となるようです。移動する電車の中でテレワークが可能になることはいいのですが、限られた共用スペースで誰もがテレワークを実施するとなると、キーの打鍵音や携帯電話やWebミーティングでの通話音が気になります。それについては「仕事を進める上で最低限の作業音」は客同士の許容のもとで許可するとのこと(細かいところまでは面倒見ませんよということですね)。
これに合わせて、10月以降には、「のぞみ」の新型車両「N700S型」の7号車と8号車には、従来の無料Wi-Fiの2倍の通信容量を備えた、新しい無料Wi-Fiを導入します。また、PC用のACアダプターやUSB充電器などのビジネスサポートツールも無料で貸し出すそうです。さらに2022年春以降、7~8号車間のデッキ部分にあった喫煙ルームを改造し、打ち合わせなどに利用できるビジネスブースとして試験提供する予定だそうです(これがあるので、10月からの運用提供も試験的なものかと)。

新幹線でもテレワークができる環境が整うことで、さらにノマド化が進みそうですね。でも、キーの打鍵音はともかく、Webミーティングでの通話は気になりますよね。「ミーティング」ということで、機密事項等も会話中に出ることもありますよね。発話する方は気にするのかもしれませんが、ミーティングの発話に関しては、音が極力漏れないようにして欲しいですね。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧