旅行・地域

2018年11月15日 (木)

納税に「LINE Pay」

未だ現金決済が主流の日本。アジアでも中国や韓国では大幅にカードや電子マネーによる決済が進んでいる中、日本は遅々として進まず、未だ現金決済が主流となっています。国としても、キャッシュレス化を推進するため、色々と施策を打っていたりします。
さて、そうした中、神奈川県と大阪府がキャッシュレス化を推進することも踏まえ、納税に電子決済を取り入れる方針を出しました。
(神奈川県に関するニュースはこちら。大阪府はこちら

両自治体とも、決済に利用するのは「LINE Pay」。神奈川県は「外に出ることなく自宅から支払えるようにすることで、納税者の利便性を向上したい」という理由から、大阪府は支払いの手間を軽減し、払い忘れ防止や納付率向上につなげる狙いから。
納付書に「LINE Pay」で読み取るためのバーコードを印刷し、アプリで読み取ることで、予めチャージしてある「LINE Pay」残高から引き落とす仕組み。これにより、役所などに出向くこと無く、家に居ながらにして税金を納めることができます。また、神奈川県は「LINE Pay」以外の決済方法も検討していくとのこと。
対象となる税金はそれぞれん自治体で異なり、神奈川県は自動車税、個人事業税、不動産所得税が対象。大阪府は個人市・府民税(普通徴収、特別徴収)、固定資産税・都市計画税(土地・家屋)、固定資産税(償却資産)、軽自動車税、法人市民税、事業所税、市たばこ税、入湯税が対象となります。大阪府の方が多くの税金に対応していますね。
ちなみに、「LINE Pay」による納税がスタートするのは、大阪府が2018年12月14日から。神奈川県が2019年1月を目処に開始予定となります。

続きを読む "納税に「LINE Pay」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

「阿佐ヶ谷アニメストリート」、2019年2月で終了

JR中央線の阿佐ヶ谷駅と高円寺駅の間のガード下にある「阿佐ヶ谷アニメストリート」が、2019年2月28日に終了することが発表されました。
公式サイトでの発表

アニメ制作会社が多く点在する杉並区。それにちなんで、2014年3月に「阿佐ヶ谷アニメストリート」が開設されました。その名の通り、アニメに関するグッズの販売やコスプレショップ、ガチャガチャ専門店、コラボカフェなどが複数出店していました。
なお、終了理由は「定期借地契約終了」によるもの。

4年位前ですかねぇ、平日夜に行ったことがあったんですが、全然盛り上がっていませんでしたね。しかも、金曜日で18:00頃にですよ。冬場なので、日がとっぷりと暮れていましたが、そんな時間にほとんどのお店が閉まっていた状態でしたからね。「オープンして1年位なのに寂れてるなぁ」と思いました。
どうも、イベントなどが開かれていた時はお客さんが集まっていたようですが、それ以外はパッタリだったようですね。店員が全員声優の卵というカフェ「SHIROBACO」など一部の人気店を除いては、集客に窮していたようです。
まあ、何にせよ、アニメ文化の一つが消えていくというのは、ちょっと哀しいかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

北海道復興のためのフォトコンテスト

写真共有サイトである「PASHADELIC(パシャデリック)」は同社が開催する写真コンテスト「写真の力で北海道を応援したい!!フォトコンテスト」で、過日発生した「平成30年北海道胆振東部地震」で最も被害の大きかった厚真町の復興支援をするそうです。
#コンテスト概要はこちら

テーマは「北海道で取られた風景写真」。一人一枚の応募になります。募集はすでに始まっており、2018年11月15日の23時59分まで受け付けております。
参加規定ですが、まずは「PASHADELIC」の会員であることが必須となっておりますので、まだ会員になられていない方は会員登録をする必要があります。
そして参加資格ですが、18歳以上の方なら、性別、国籍、居住地に関係なく応募することができます。もちろん、プロ、アマも問いません。
使用する機材についてですが、機材には制限がありません。スマホでもいいですし、カメラ(一眼でもいいですし、コンパクトカメラでもいいです)ももちろんいいです。トイカメラもOK。トイカメラがOKなので、チェキとかフィルムで撮影して紙焼きしたものでも大丈夫かもしれません。

応募された写真ですが、それらの写真をすべて使用して復興のための写真集を作るそうです。その中で優秀賞を受賞した作品(10作品)は1ページまるまる使用した写真集への掲載と、別途作成されるポストカードへの採用となります。入選作品(20作品)も写真集への1ページ掲載となります(こちらはポストカードにはなりません)。

続きを読む "北海道復興のためのフォトコンテスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

ちよだニャンとなるcafe

メイドカフェに始まり、様々な「カフェ」が存在する秋葉原ですが、猫カフェも当然のことながらあります。その秋葉原に10月22日に新たな猫カフェが登場します。それがお題の「ちよだニャンとなるcafe」。

この「ちよだニャンとなるcafe」は他の猫カフェとはちょっと違います。このカフェ、千代田区で飼い主のいない猫を保護する活動などを行なっている一般財団法人「ちよだニャンとなる会」による店舗となっています。コンセプトを「譲渡型保護猫カフェ」としており、保護猫と人とを繋げる「場」としてのカフェを目指しております。
こうしたコンセプトを掲げたのには、保護猫の数が増えてきたことがあります。「ちよだニャンとなる会」も千代田区と組んで「猫の譲渡会」を開くも、なかなか受け入れが進まない状況にあるそうです。いくつか理由が挙げられているのですが、保護猫となるのが成猫であることが多いとのこと。成猫になると、人になかなか懐かず、「譲渡会」などで良い巡り合わせがあっても、短い時間のため猫が懐かず、なかなか「養子縁組」まで進まないそうです。
そこで、もっとじっくりと時間をかけて、保護猫たちが人に懐くようになり、場合によっては、そのまま「養子縁組」にまでもっていけるようにと、常設の「出会いの場」を設けることにしたそうです。それが今回の「ちよだニャンとなるcafe」を作るきっかけになったとか。

ちょうど今、両国で「江戸ねこ茶屋」を開催していますが、基本的な思想は同じですね。
本当に猫が好きな方、オープンした際には一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

続きを読む "ちよだニャンとなるcafe"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

江戸ねこ茶屋

昨日のことになりますが、東京は両国で開催されている「江戸ねこ茶屋」に行ってまいりました。

両国の駅前に仮設で設置された「猫カフェ」でして、「江戸時代の長屋」をコンセプトにしたイベントとなっております。

中は5つのブロックに分かれており、どのブロックにも休憩スペースがあり、そこで猫ちゃんたちと戯れることができます。自由に猫と触れ合うことができますが、下記のことは厳禁となっております。

  • 猫を無理やり抱っこしない(近寄ってきて、懐かれる分にはよさそう)
  • 写真撮影は可能だが、フラッシュを焚いてはならない

店内を自由気ままに闊歩する様は、見ているこちらもほのぼのとしちゃいます。どのブロックにもまんべんなく猫ちゃんたちはいたのですが、何故か「ねこ風呂」だけは誰一人(一匹)もいなかったです(たまたまそういった気分だったんでしょう)。

夕方近くに行ったのですが、寝ちゃっている猫ちゃんも結構いました。中には、すごい寝相の子やお腹を完全に向けて安心しきっている子もいました。ここでの様子はInstagramの方にアップしました(「眠り猫」をテーマに投稿したので、すべての猫ちゃんは寝ています)。
「猫カフェ」なので、一回の滞在時間が決まっています。一回の入場で1時間となっており、延長する場合は20分につき500円の追加料金を払うようになっています。

会期は2018/12/2(日)までとなっておりますので、猫好きな方は一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

続きを読む "江戸ねこ茶屋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

ゆりかもめ、「船の科学館」駅と「国際展示場正門前」駅の駅名を改称

株式会社ゆりかもめは、路線内にある「船の科学館」駅と「国際展示場正門前」駅、2駅の駅名を改称することを発表しました。
#元記事はこちら。ゆりかもめの発表はこちら

改称する時期は2019年の3月頃で、改称後の駅名は「船の科学館」駅が「東京国際クルーズターミナル」駅、「国際展示場正門前」駅が「東京ビッグサイト」駅となります。
「国際展示場正門前」から「東京ビッグサイト」への変更は、首都圏外の方が来たときにわかりやすくなりますかね。でも、「船の科学館」が「東京国際クルーズターミナル」というのは、いまいちピンとこないな。何せ、この駅から「船の科学館」は目と鼻の先なので、今のままが通りがいいように思うのだが。先々、このあたりの港湾を、文字通り、国際的な海路の中継点とするのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

会津バス、「スマートバス停」導入

みちのりホールディングスとその傘下の会津乗合自動車(会津バス)は「スマートバス停」を導入することを発表しました。
#元記事はこちら
まずは実証実験として、「神明通り」と「鶴ヶ城入り口」に2/17から設置するそうです。

「スマートバス停」では、時刻表、路線図、料金に加え、バスのリアルタイム運行情報を表示することが可能。また、多言語表示により、外国からの旅客にも対応するようになっています。
さらに運行に関する情報の他、天候や道路の情報、バス会社からのお知らせ、緊急時の避難情報なども配信するようになります。また、これらの情報をスマートフォンなどのブラウザから利用できるWebサービスも用意。地域住民や観光客の端末への情報提供も行うようにします。
表示デバイスとして、晴天下でも見やすく、省電力性に優れた電子ペーパーディスプレイを採用。これまでの「紙」を貼り替える従来型のバス停と比べて、より高頻度の情報更新が可能となっています。また、IoT向けの無線通信に「LPWA」を活用して、消費電力や通信コストを低減。低消費電力で、バス停に設置したソーラーパネルの供給電力だけでも駆動するようにします。

今回の実証実験では、KDDI、凸版印刷、ナビタイムジャパン、ウェザーニューズの4社が共同実験企業として参加。今回の実験を各分野からバックアップします。
なお実験期間は2019年3月末までのおよそ1年間となります。

続きを読む "会津バス、「スマートバス停」導入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

ガンダムスタンプラリー

2018年も明けて何日か経ちましたが、正月気分も抜けて平常を取り戻したところでしょうか。小中高校は3学期となりましたね。
さて、中学3年生や高校3年生は受験を控え、学校へ通う機会も減ってくると思います。必然的に鉄道などの利用機会も減ってくる訳で、これが鉄道会社にとって、この時期の収入源に繋がっているのかなと思います。それを解消すべく、JR東日本では3年前からこの時期でもスタンプラリーを開催しているのですが、今年も開催しています。去年は「ドラゴンボール」でしたが、今年は、お題にある通り、ついに「ガンダム」のスタンプラリーです。

今回取り上げられる「ガンダム」は、いわゆる「ファーストガンダム」になります。そして、スタンプラリーのタイトルも「機動戦士ガンダムスタンプラリー行きまーす!」となっています。
開催期間は昨日、1/9から2/27までとなっており、山手線を中心とした東京23区と常磐線沿線の千葉県、茨城県の取手駅の計65駅がチェックポイントとなっております(なぜか、埼玉県、神奈川県は入らない)。
モビルスーツよりもキャラクターの方が多くなるのですが、そのキャラクターも「まさか、そんな人も」と言ったキャラクターが登場しています(多分、一番の驚きは東京駅の「タムラさん」でしょうね。知る人ぞ知る、ホワイトベースの料理長です)。
モビルアーマーも当然出てきます。その中にはエルメスもあるのですが、商標に引っかかるためか、プラモデル同様「ララァ専用モビルアーマー」の表記になっています。

今日も見かけましたが、サラリーマンが集めている率が高いです(私もそうですが)。まあ、夏の「ポケモンスタンプラリー」が子供向けなのに対し、冬のスタンプラリーは大人向けになってますからね。今回も楽しみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

東京メトロのバーチャル旅行アプリ「tento.」

東京メトロはバーチャル旅行アプリ「tento.」(テント)を12/5から配信すると発表しました(元記事はこちら)。対応プラットフォームはiOS。

このアプリは「毎日の通勤・通学を楽しく〜通勤時間を旅の時間に〜」をコンセプトに、通勤・通学区間の累積距離をもとに国内や世界中をバーチャル旅行体験できるコンテンツを収録しております。
また、「東京マラソンコース」、「国内のある文学作品にまつわるコース」、「海外のある大陸を横断するコース」の3つのコースを用意。それぞれのコースを1回ずつクリアすると、最後に隠しコースが選択できるようになるという仕掛けも用意され、1つで4回楽しめる趣向が凝らされています。
「旅を楽しむ」他に、チェックインしているユーザー同士が会話できるチャット機能を用意。チェックイン後2時間のみ利用可能で、発言した内容は30秒で消えるようになっているそうです。

なかなか面白そうなサービスですね。先述の4つのコースにはチェックポイント(世界遺産などの有名スポット)が設定されているとのことなので、スタンプラリー的な要素も加わって、存分に楽しめるのではないかと。
これ、東京都内の地下鉄にこだわらず、単純に累積距離だけで計測するなら、全国各地でも楽しめそうですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

「世界貿易センタービル」、建て替えで解体へ

東京は港区、JR浜松町駅に隣接する「世界貿易センタービル」が建て替えのために解体することになりました。
#元記事はこちら

ビルの解体は2021年以降に行われるそうで、解体後は新たに「本官」と呼ばれるビルを建て替えるそうです。
このビル、昭和45年に完成した建物でして、地上40階建て、高さ152メートルのこの建物は、当時としては超高層ビルに分類されるものだったそうです。「貿易センタービル」の名の通り、貿易に関わる企業が入居したりしていますが、高速バスターミナルやJR浜松町駅、東京モノレール浜松町駅とも直結しており、ターミナルビルとしての役割を果たしておりました。
また、最上階の40階は展望台となっており、東京の街を一望できる観光スポットともなっています。目と鼻の先にある東京タワーはもちろんのこと、東京スカイツリーも見ることができ、東京湾へ目を向ければレインボーブリッジも見ることが出来、ここに来るだけで東京の主な名所を見ることができる絶好の場所でありました。また、同40階には結婚式を挙げることができるチャペルもあり、これまでに2万3000組を超えるカップルが誕生し、親子2世代にわたって式を挙げているケースもあるということです。

解体の前年となる2020年には50周年を迎えるんですね。そういう意味では、節目の年での建て替えとなるのでしょうか。また、2020年は東京オリンピックが開催される年でもあります。この東京オリンピックの開催を見守っての解体となるということにも感慨深いものがありますね。
建て替え後はどのような建物になるかはわかりませんが、これまで通りに色々な人に親しまれる建物となるといいですね。

続きを読む "「世界貿易センタービル」、建て替えで解体へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧