日記・コラム・つぶやき

2022年1月10日 (月)

成人の日

本日は1/10は2022年の成人の日。新成人の皆様方、ご成人おめでとうございます。これからは「大人」として扱われます。責任を持った行動を心掛けるようにしてください。

さて、今でこそ「成人の日」はハッピーマンデーの施策で、1月の第2月曜日となっています。また成人式も各自治体でこの日にこだわらず、お盆の時期に執り行うところが増えてきています。そう考えると、今の新成人となる子(今年に限らず)は気心知れた仲間と集いやすくなり、「人生の一区切り」を楽しく過ごすことができて喜ばしいなとうらやましかったりします。
私が成人を迎えたのは、もう30年も前の事ですが、この頃は1/15固定だったんですよね。また成人式もこの「成人の日」に執り行われるところがほとんどでした。20歳となると進学していれば大学生、高卒で就職したとしても2年目となる年ですが、地方から大学のある都市部へ進学した学生にとっては、記念の日にならなかったのがほとんどではないでしょうか。1月の15日辺りは大学の期末試験の期間だったりするんですよね。しかも年によっては連休にはならない(ほとんどがこのパターンですが)。しかも、「成人式は成人の日に執り行う」ことが当たり前の頃でしたので、田舎に帰って成人式に参加するというのがとても難しかったのです(日帰りできる距離ならば参加できますが)。となると、その時住んでいる街の成人式に出ればいいという声も聞こえてきますが、見知った人間がいないところの式に出てもつまらないものです。式に参加して、記念品を貰って帰るだけになりますからね。ということで、私は成人式に出ませんでした(記念品も貰いに行かなかったです)。かといって、成人式に出なかったことに後悔はありませんが。

まあ、「大人」としての新たな門出です。これからの長い人生も頑張ってください。

| | | コメント (0)

2022年1月 6日 (木)

東京、雪

寒い日が日々続きますが、本日、東京も大雪となりました。

全日の予報では、午後から雨か雪が降るとなっていたのですが、お昼前から小雪がちらつきはじめまして、午後になって本降りとなりました。それから降り続き、車通りの少ないところではそこそこに積もりましたね。
東京で積もるほどの雪が降ったのは久し振りじゃないですかね。大雪警報も4年振りだったそうですし。Twitterを見ると、大雪で交通機関の乱れを見越して、帰宅命令が出てたりしてましたね。

夜になって雪は止みましたので、明日は朝から通常通りになるのではないでしょうかね。

| | | コメント (0)

2022年1月 4日 (火)

2022年、明けました

2022年が明けました。去年はコロナ禍の中での年越しとなり、帰省もままならない感じでしたが、新型コロナも一頃に比べれば落ち着きが見られ、ワクチン接種が済んだ人は久し振りの故郷へと帰省された方も多いでしょう。

私はというと、この年末年始は例年よりも長かったです。12月はかなり稼働が高く、休日出勤もしたんですね。何とかスケジュール通りに作業も進み、月末近くでは落ち着いていたので、12/27、12/28に代休を取得し、そのまま12/29からの年末休に入りました。年始は客先の休暇日が本日、1/4迄でしたので、2021年12月25日から2022年1月4日までの11連休となりました。
私もワクチンは2回とも接種済みでしたので、この年末年始は帰省しようと考えていたのですが、寒波の影響を鑑み、帰省は止めて東京で年を過ごしました。年末は何だかんだと、12/30まで撮影会に行きましたね(帰省するのを止めたので)。その傍ら、水回りの掃除をしたり、年末年始の買い出しをしたりと準備をしました。大晦日も若干の買い足しをし、「ももいろ歌合戦」をABEMAで視聴しました。なかなか面白かったですね。歌もフルコーラスの歌唱でしたし、老若男女問わず、たくさんのアーティストが登場しましたので、本家の紅白よりも面白かったです。ももクロの人脈もなかなかのものですね。
年が明けて1月1日、ほぼ寝正月でしたね。お昼近くまで寝ていて、起きたところであんころ餅を作って食べました。その後、撮りためていたビデオを鑑賞し、またちょっと寝ました。起きたら夕方でして、そのまま夕飯にしました(おかずは年末の買い出しで買ったものをレンチンで済ませました)。2日も昼近くに起きて、再び録り溜めたビデオを鑑賞。夕飯も残りで済ませました。3日は若干早く起き、色々と細々としたことを片付けてから、神田明神へ初詣に行きました。去年はそれほど混んではいなかったのですが、今年は再び人出が多かったですね。お参りを済ませた後、「ねぎし」でお昼ご飯を食べ、ヨドバシカメラAkibaでうろうろと眺めて歩いていました。そして本日4日は、特にすることも無く、午後になってからまたヨドバシAkibaへ行って、色々と見て回りました(特に買い物の無かったんですけどね)。それから「アキバTRIM」のユニクロで長袖のTシャツを買い、無印良品でまた色々と見てから帰路へと着きました。今日から仕事始めの方も多く、仕事帰りの人もそこそこにいましたね。

明日が仕事始めです。在宅ですが、残業をしないで定時に上がりたいですね。

| | | コメント (0)

2021年11月28日 (日)

メンテナンスは大事

実は夏頃から、α7Cの調子が悪かったんですよね。シャッターが切れるまでにタイムラグがあったんですよ。半押しでフォーカスを合わせてから、シャッターを押し切るわけですが、押してからシャッターが切れるまでに妙な「間」が空くことがあったんですよ。ただ、必ずしも起こるわけではなかったので、設定を色々といじってみたりしたんですよね(フォーカスも、一旦合ったのに、押し込むと再度焦点を合わせるなんて動作もあったので)。
で、思い立ってメンテナンスをしてみました。とは言っても、簡単なものですけどね。ブロワーで埃を飛ばし、ブラシで細かいところを払ったりしましたね。特にシャッターの所は念入りに。驚いたのがマウント。本体もレンズもなのですが、意外と汚れるものですね。買ってから1年経ってはいないのですが、綿棒で乾拭きしたら黒くなったので、驚きました。マウントは端子部分も乾拭きしました。

このメンテがあったからか、その後に行った撮影会ではいい感じにシャッターが切れましたね。タイムラグが発生することはなかったです。とりあえずは、まめにメンテナンスをすることですかね。
(でも、コニカミノルタのα-7 Digitalの時はそんなこと無かったんですけどね)

| | | コメント (0)

2021年10月10日 (日)

今年の撮影会「夏の陣」

10月も2週目に入り、温暖な気候の日々が続いていますね。半袖短パンで出歩けるにしても、暑さは感じられず、とても過ごしやすくなったと思います。そして夕方以降は涼しくなりました。

今年は屋外撮影会にかなり行きました。金銭的に少し余裕があるのもありますが、時間的にも余裕ができました。なので、1枠だけでも行ってましたね。
今年は5月、ゴールデンウィークから夏の陣が始まりました。フレッシュ撮影会が某プール施設で行った撮影会が皮切りでしたね。この時は天気が不安定で、途中で大雨が降ったりしました。5月末から6月頭にかけて、近代麻雀の撮影会もありましたね。そして、6月と9月の毎週末(と祝日)はフレッシュ撮影会が連続で屋外撮影会を開催しました。こうしたこともあり、今年は例年以上に屋外撮影会に参加しましたね。
基本的に1枠(多くて2枠)しか参加しないのですが、7月に開催されたフレッシュ撮影会の城山スタジオでの撮影会では1日通しで参加しました。これは去年からのコロナ禍の影響もあって、基本が通し参加となっていたためなのですが、夏真っ盛りということもあり、充実した撮影会になりました(何より、プールに喜んで素の笑顔がモデルにも見られましたからね)。

撮ってた中で印象に残るのが太田和さくらちゃんですかね。とにかく「画」になる。プロポーションもさることながら、表情もいいんですよね。そして、どの撮影会にも参加していましたね。ほぼ皆勤ではないでしょうか。皆勤と言えば、坂上未優ちゃんもそうですね。あまり撮っていないのですが、現役高校生らしく「元気っ子」でした。同じく現役女子高生の泉舞子ちゃんは結構撮りました(笑)。こちらはとにかく「かわいい」。屋外撮影会以外にも、Gスタのセッション撮影会にも撮りに行きましたし。

これだけ撮影会に行ったのも久し振りですかね。まあ、今年はフレッシュ撮影会が屋外撮影会をかなりの回数開催していたのもありますが、かなり充実した「夏」でした。

| | | コメント (0)

2021年7月 1日 (木)

2021年後半スタート

今日から7月。2021年も折り返しました。今日から後半に入りました。

ここしばらくは微妙な空模様が続いていましたが、今日はそれを打ち破るかのように雨でした。東京は一日中雨で、朝は土砂降りに近い降りもありました。後半のスタートとしては、ちょっと幸先悪いですかね。

今日から私も現場が変わりまして、心機一転と言ったところです。

2021年前半は撮影会も行きましたね。このブログの記事にした分だけでも20件も行ってます。特に、5月から6月にかけては屋外撮影会、プール撮影会なんですよね。でもやっぱり、水着は太陽が燦燦と照り付ける屋外で撮るのがいいですよね。日焼けには気を付けなければなりませんが、自然ですよ。

さて、後半はどうなるかな?

| | | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

新年度の始まり

今日は4月1日。新しい年度の始まりです。さすがにまだ「入社式」を執り行う会社は無いでしょうから、新社会人はまだ新しい「会社」の空気には触れていないところですかね。
私も、新年度ということで、現場で部署が変わりました(とは言っても、前にいた部署に戻っただけですが)。ちょっと短期でヘルプに入る感じです。

新しい年度ということで、新たな門出を迎えた人もいますね。俳優の渋江譲二(最近は「AVソムリエ」の肩書もありますが)は、3月一杯で、10年間お世話になった事務所から離れたそうです。当面はフリーとして活動するようで、ついでにInstagramも始めたようです。
巣立った人もいれば新天地に入った人もおりまして、グラビアアイドルの岸明日香は、約1年のフリー期間を経て、本日付でスターダストプロモーションに所属したそうです。今年が節目の年(デビューしてから10年経つそうです)ということで、色々と考えているそうです。
声優の西明日香は先日入籍したことを自身のTwitterで報告しました。インターネットラジオ番組「洲崎西」でコンビを組んでいる、同じく声優の洲崎綾が一足先に結婚しましたが、これで一安心。

そして、「株式会社TOKIO」も今日からスタートしました。3月に長瀬智也が事務所の対処と同時にTOKIOから脱退し、3人となってのスタートとなりましたが、公式ページアクセス時に流れる動画を見ると、晴れ晴れとした顔で取り組んでいく様が見られて、新たな門出を祝ってあげたいと思います。
また先日の「鉄腕DASH」で新たな「DASH村」の開墾の様子を流していましたが、これからも福島県をサポートしていくということで、福島県庁の企画調整課内にTOKIOとの窓口となる「TOKIO課」設置してもらい、福島県の魅力を広く発信していくそうです。「DASH村」で縁が繋がったとはいえ、福島県出身者が一人もいないグループが福島県のためにここまで尽力してくれるということは、感謝し足りないくらいですね。

さて、2021年度はどのような年度になっていきますかね。

| | | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

黙食

2回目の緊急事態宣言が発令されて1週間が経ちました。今回の自粛要請は飲食店業界に限定されていますが、これにより苦境に立たされる飲食店が少なからず出ています。その上、某大臣の無責任かつ心無い発言により活路が狭められつつあります(それも外食産業が悪いものであるかのように)。とある外食チェーン店の会社の社長が「ふざけるな!」と言いたい気持ちも分かります。

そんな状況を打破すべく、福岡にあるカレー店がとあるスローガンを掲げました。それが「黙食」。

 

感染の主な要因は「飛沫感染」です。この飛沫感染のリスクを少しでも低くするために「マスク着用」(飛沫が飛び散るのを防ぐ)、ソーシャルディスタンス(飛沫がかからないようにする)等をしているわけです。屋内ではさらに窓開けや空調などで換気をしたり、飲食店の場合はテーブル上などにパーティションを設置するなど色々と工夫を凝らしているわけです。しかし、施設側がどれだけ工夫を凝らしても限度があります。飛沫を飛散させることとなる「人間」が意識してまき散らさないようにすることが飛散防止の第一歩だからです。そしてそれは施設側の人だけではなく、サービスを受ける「客」としての人も同様です。
そこで「黙食」という行動です。実際に食事をしている時にマスクを外すのは当然ですが、その際は「会話」は交わさないということです。そして会話をしたい場合は「マスクをしてから」の行動とすることです。そもそも、食事中の会話が感染リスクとなるのは外食だけに限りません。学校の給食もそうですし、会社の食堂もそうです(食堂でなくとも、社内で食事をする場合は同じです)。おそらく、学校や会社の食堂でも「食事中の会話」は控えてもらうようにお願いしていると思います(私が行ってる現場も「利用上のお願い」として、そのように依頼が出ています)。同様の事を外食先でも行うだけです。

皆さん、ここは「黙食」を実践して、外食産業の存亡を手助けしていきませんか。

続きを読む "黙食"

| | | コメント (0)

2021年1月16日 (土)

1月期シーズンアニメが出揃ったところで

年が明け、1月期シーズンのアニメが出揃ったところでしょうか。今期も第1話を拝見して、なかなか面白いと思える作品をシリーズ録画をしながら見ています。
今期のアニメを見て思ったのですが、「異世界ファンタジー」物が多いですね。しかも「転生」物。第2期となる「転生したらスライムだった件」もそうですが、「蜘蛛ですが、なにか?」や「無職転生~異世界行ったら本気だす~」もそうですね。「蜘蛛ですが、なにか?」は主人公が「人外」に転生するという点では「転スラ」と同様ですが、転生後の「サバイバルライフ」具合のすさまじさが凄くて面白いですね。何より、蜘蛛である「私」を演じる悠木碧の演技がいい具合に振り切れてて、「プリキュア」とは真逆のキャラクターで面白いです。「無職転生」は転生前の主人公(ただし姿は出てこない)を演じる杉田智和がナレーションのように振舞って、主人公視点で作品の基礎部分を語ってくれたので、作品の中に「スッと」入り込めるような進め方で、構成としては面白いと思います(このままこんな感じで続くのかな?)
「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」は自分の力に無自覚の少年が、無自覚のまま無双してしまう話。第2話まで放映されましたが、第2話にしてちょっと話が進みましたかね(1クールなんだろうな)。
「ホリミヤ」も面白そうですね。学園ものなのですが、たまたま「他人には見せない」部分に触れたことで、二人だけの「秘密の共有」をしながら親密度を増していくようなところが、どんどん先へ読み進めたくなるような気持ちにさせる作品です。

他にも面白そうな作品がありますので、今期も楽しいアニメライフを過ごせそうです。

| | | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

秋葉原、年明けてからの変化

年が明けて一週間経ちましたところで、じっくりと秋葉原の街を歩いてみました。

昨年からのコロナ禍の影響で飲食店が大きく変化しましたかね。閉めてしまうところが多くて残念でしたね。一番びっくりなのが「キッチンジロー外神田店」の閉店でしょうか。秋葉原の洋食店の老舗でしたが、昨年の9月末で閉店してしまいました。今日、その近くのお店でお昼と食べたのですが、店を出て目に留まった風景にびっくりしてしまいました。何と、キッチンジローの跡地に「無料案内所」ができていたのです。「無料案内所」と言えば、新宿の歌舞伎町を始めとして、歓楽街の中によく見かけますが、同じつくりの案内所ができていたんですね。外装には何もなく、中にはお店情報が貼り出されているというあれです。「この辺に風俗店あったっけ?」と思ったのですが、「やんさん」という方のツイートによると、「メイド喫茶」の無料案内所らしいです。

 

そういわれてみれば、入り口に目隠しとなるものは無く、中が覗き込めてましたね。でも、何故このようなデザインにしたんだろ?「無料案内所が何たるかを知っている人」の目は引きやすいけどね。

続きを読む "秋葉原、年明けてからの変化"

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧