芸能・アイドル

2019年1月13日 (日)

女優 市原悦子さん逝去

女優の市原悦子さんが、1/12に心不全のためにお亡くなりになりました。82歳。

市原さんは、平成16年11月に自己免疫性脊髄炎のため都内の病院に入院。以降、入退院を繰り返し、芸能活動もセーブしていました。また、去年の12月に盲腸で入院しましたが、無事回復し、退院していました。しかし、年が明けて、1/5に突然苦しみだし、再度入院したとのことですが、帰らぬ人となってしまいました。

市原さんと言えば、「家政婦は見た!」ですかね。1983年に始まり、2008年までの25年間にも渡ってやっていたんですね。
それと忘れてならないのが、「まんが日本昔ばなし」。常田富士男さんとの二人だけで何役もこなす語りは、そうはいないでしょう。この「まんが日本昔ばなし」も1975年から約20年間も続けられていたんですよね。コンビを組まれた常田さんが、昨年の7月にお亡くなりになられた時、「あちらでお会いしたら、また一緒に昔話をやりましょうね」とコメントされていたそうです。今頃は、その言葉通りに、常田さんと一緒に昔話を語り聞かせているんでしょうかね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

声優、藤田淑子さん逝去

声優の藤田淑子さんが、浸潤性乳がんのため、本日、12/28にお亡くなりになりました。68歳。
かねてより、病気療養とのことでしたが、その甲斐なく、本日亡くなられたそうです。

藤田さんと言えば、キャリアも長いので、様々な役を演じられてこられました。「一休さん」の一休、「キテレツ大百科」のキテレツこと木手英一、「キャッツアイ」の来生泪、「デジモンアドベンチャー」の八神太一などですね。
ここに挙げた役からもわかるように、少年の役を数多く演じられていたかなという印象です。後は、大人の女性の役ですかね。

今年はdocomoが一休さんを元にしたCMを制作/放映してきたので、絡みがあったりしないかなと期待したりはしましたが…。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

ヤンジャン、「制コレ」を10年ぶりに復活

多くのアイドルを輩出した、ヤングジャンプ主催の「全国女子高生制服コレクション」(略称:「制コレ」)が10年の沈黙を破って、今年「制コレ18」として復活しました。
#元記事はこちら

「制コレ」は1992年から始まり、2006年に一時休止したものの、2008年まで続いた、ヤングジャンプ主催の制服美少女コンテスト。編集部のオーディションと読者投票で6人の少女が選ばれました。
今年は2018年なので、選ばれた子たちは、皆2000年以降に生まれた子たちなんですね(対象が高校生までになってるはずなので)。内訳としては2000年に生まれた高校3年生の子が4人、2001年の早生まれの高校3年生が1人、2002年に生まれた高校1年生の子が1人となっています。

これから1年間、「制コレ18」としてヤングジャンプのグラビア等を飾ることになると思いますが、ヤングジャンプだけに限らず、様々なジャンルでの活躍を期待したいですね。

続きを読む "ヤンジャン、「制コレ」を10年ぶりに復活"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

桂歌丸師匠、逝去

落語家の桂歌丸さんが7月2日午前11時43分に慢性閉塞性肺疾患のため、お亡くなりになりました。81歳。

日本テレビの「笑点」に50年間出演し続け、平成18年から10年間、第5代目司会者も務めました。

平成元年には文化庁芸術祭賞、平成19年には旭日小綬章を受賞。平成16年からは、落語芸術協会会長を務められました。
晩年は、肺炎などで入退院を繰り返しながら高座に上がられ、今年4月19日の国立演芸場定席が最後の高座となりました。最後の演目となったのは「小間物屋政談」。
7月11日にお別れ会を執り行うそうです。

やはり「笑点の顔」でしたね。大喜利においては、他の噺家さんとの罵り合いのような掛け合いが印象に残ってますね。古くは故四代目三遊亭小圓遊さんと、近年では三遊亭楽太郎(現六代目三遊亭円楽)さんとの掛け合いは面白かったですね。単なる悪口ではなく、そこは噺家、ウィットに富んだ痛烈な返しが面白かったです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

俳優 大杉漣氏 逝去

俳優の大杉漣さんが、本日2/21午前3時53分に急性心不全のために逝去されました。66歳。

あまりにも急な話ですね。今現在放映中の「バイプレーヤーズ」にも出演されておられましたので、本当に急な出来事です。番組の公式サイトによりますと、放送も来週(2/28)、再来週(3/7)の2回を残しているそうなのですが、こちらの放送については検討中とのこと。

あまりにも急すぎて言葉がありません。先に挙げた「バイプレーヤーズ」の名の通り、名バイプレーヤーとして欠かせない存在でしたね。

心よりご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

忍野さら撮影会

未だ先の大雪の名残が残る東京。そんな中、2018年初の撮影会に行ってきました。それがお題にもある通りの、グラビアアイドル忍野さらちゃんの撮影会。

今回は屋外での撮影会とスタジオでの撮影会が行われ、私は屋外での撮影会に参加してきました。場所は新宿区にある戸山公園。そして今回のシチュエーションは1月ということもあり、晴れ着での撮影でした。
屋外での撮影は、この日最初である第1部だけでしたが、それでも10数名の参加でしたかね。今回さらちゃんが着用した晴れ着は金地に梅などの春の花があしらわれたもの。
時節柄、晴れ着というシチュエーションでしたが、やはりいいですね。また、忍野さらちゃんの和装姿というのも、グラビアやDVDではまず見ないので新鮮でしたね。

ちょっと肌寒さのある中、明るく元気に頑張っていました。

続きを読む "忍野さら撮影会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

声優 鶴ひろみさん逝去

声優の鶴ひろみさんが急逝されました。57歳。

11/16夜に、高速道路の路肩に停車中のところを発見され、病院へ救急搬送されましたが、搬送先の病院にて亡くなられたそうです。
死因は大動脈解離と発表されています。この大動脈解離という病気、突発的に発するそうですが、全身を激痛が駆け巡るそうです。車を運転中にこの大動脈解離に見舞われたようなのですが、体中を激痛が走る中、車を路肩へ寄せ、ハザードまで炊いて、他の車を巻き込まないようにしていたことに、鶴さんの心配りといいますか、凄さを感じざるを得ません。

番組開始当初から、「アンパンマン」のドキンちゃんの声を担当しておりましたが、他にも「ドラゴンボール」のブルマや「らんま1/2」の久遠寺右京などの声を担当されておりました。数々の役を演じられておりますが、私的には「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかが一番に思い浮かびますね。一本気というか、芯の通った女性の役が多かったような気がします。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

石原佑里子 Blu-ray「お願い!ゆりりん」

先月、4/20にDVDと同時リリースされた石原佑里子ちゃんの初のBlu-ray作品となります。

Blu-ray版ですが、DVD版とは細かな所が異なっており、かなりお得な商品になっております。まずは媒体。Blu-ray版では、下の写真の通り、ピクチャーレーベル仕様となっております(ジャケットと同じカットですね)。

Blu-ray版レーベル

また、ディスクのメニューもDVD版とは異なり、ムービングピクチャ(早い話が動画)仕様となっております。これはチャプターメニューの各チャプターのサムネイルも同様で、DVD版とは違って、凝った構成になっております。

続きを読む "石原佑里子 Blu-ray「お願い!ゆりりん」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

石原佑里子 DVD「お願い!ゆりりん」

先日、4/20に発売された石原佑里子ちゃんの4枚目のDVDです。この作品、Blu-rayも同時に発売されていますが、今回はDVD版の方のレビューとなります。

チャプター構成はオープニングと本編11チャプターの全12チャプター。そこに特典映像が加わります。

メインメニュー

こちらメインメニュー(ジャケット同じカットですね)。

チャプターメニュー

こちらチャプターメニュー。

続きを読む "石原佑里子 DVD「お願い!ゆりりん」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

石原佑里子、引退

#できれば書きたくなかったけど。

当ブログでも撮影会カテゴリの話題で何度か取り上げていた、グラビアアイドルの石原佑里子ちゃんが引退すると発表がありました。引退理由は「学業に専念するため」で、5月いっぱいまでの活動となるそうです。
#元記事はこちら

昨年デビューし、撮影会や雑誌、Web配信のグラビアなどを中心に活動をし、DVDも「ゆりりん」「笑顔の季節」「初恋ゆりりん」の3枚をリリース。アイドル通販ポータルサイト「東京Lily」では2016年の年間DVD売上1位を獲得とデビュー1年目にしてすごい記録を作りました。
グラビア以外でも、事務所の先輩である森下悠里、岸明日香とともにニッポン放送のワイドFM広報イメージキャラクター「FM93ガールズ」としても活躍。また、10月には舞台「放課後戦記」に出演、12月からはフジテレビのバラエティ「佳代子の部屋~真夜中のゲーム会議~」にレギュラー出演と活動の幅を広げ、活躍していました。また、特技のダンスの経験を活かし、声優、上坂すみれのライブステージにバックダンサーとして出演しておりました(バックダンサーはデビュー前にも務めていて、通算3公演に出演していました)。

こうした目覚ましい活躍をした石原佑里子ちゃんですが、引退理由にもある通り、現役の女子大生。実は昨年は芸能活動に専念するために休学していたそうです。この事は3月から始めたLive.meというライブ配信の中で告白しており、「せっかく入った大学なので、ちゃんと勉強をして、卒業したい」と、学業への意欲も示しておりました。

正直、「引退」ではなくて、「休業」でもいいかなと思ったりします。これだけの活躍をし、「2017年ブレイクするグラビアアイドル」と目されてもいますので、それなりの逸材だと思うんですよね。この時期の発表の割に、5月いっぱいでの引退と期間があるので、ファンの一人としてはもう一度考えてみて欲しいなと思ったりします。

なお、4月20日には4枚目のイメージDVDとなる「お願い! ゆりりん」が発売されます。これが引退作になってしまうのかな。なお、こちらはBlu-rayも同時発売となっております(これが初めてのBlu-rayになります)。


続きを読む "石原佑里子、引退"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧